メニューを開く 検索 ログイン

ご存じ?視神経脊髄炎スペクトラム障害

アンケートで実態浮き彫りに

2020年10月22日 05:10

4名の医師が参考になったと回答 

 脳・脊髄・視神経の神経細胞であるアストロサイトを攻撃する自己免疫疾患の1つと考えられている視神経脊髄炎スペクトラム障害(NMOSD)は、患者の社会生活に多大な影響を及ぼす国の指定難病であるが、認知度は著しく低い。アレクシオンファーマは、今年(2020年)から10月24日をNMOSDの日と定め、一般市民およびNMOSD患者を対象にアンケートを実施。NMOSDの症状や具体的な悪影響などを浮き彫りにした。(関連記事「視神経脊髄炎の再発予防薬の選択肢が拡大」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  ご存じ?視神経脊髄炎スペクトラム障害

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで