メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

呼気で新型コロナを診断するシステムを開発

無侵襲で多様な生体分子を網羅的に解析

 2020年10月23日 05:00
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 昨今、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の迅速かつ高感度・高精度な診断などに寄与する検査法が切実に必要とされている。東北大学大学院および同大学加齢学研究所は島津製作所との共同研究により、呼気を用い無侵襲で実施できる新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の検査システムを開発したと10月16日にプレスリリースで発表した。呼気中に含まれるウイルス蛋白質や代謝物などを網羅的に解析することで、SARS-CoV-2感染の有無をはじめさまざまな疾患に関わる情報が得られるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  呼気で新型コロナを診断するシステムを開発