メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

ステロイド用量依存性に骨折リスク上昇

英・喘息患者コホート内症例対照研究

 2020年10月23日 17:05
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 ※画像はイメージです

 吸入ステロイド薬(ICS)と経口ステロイド薬(OCS)は喘息治療で広く使用されているが、ステロイド薬の使用に起因した喘息患者の骨粗鬆症および脆弱性骨折のリスクは明らかでない。こうした中、英・University of NottinghamのChristos Chalitsios氏らは、英国の医療記録データベースを用いたコホート内症例対照研究で喘息患者におけるICS・OCSの使用と骨粗鬆症/脆弱性骨折のリスクとの関連について検討。ICS・OCS使用と同リスクに用量依存性の関連が認められ、ICSとOCSの使用は喘息患者の骨の健康における独立した危険因子であることが示されたとThorax2020年10月21日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  ステロイド用量依存性に骨折リスク上昇