メニューを開く 検索を開く ログイン

小児の3割が予防接種を延期、コロナ流行で

感染者や重症例増加の懸念も

 2020年10月24日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 すがやこどもクリニック(東京都板橋区)院長の菅谷明則氏は10月15日、KMバイオロジクスとMeiji Seikaファルマが東京都内で開催したプレスセミナーで講演。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行が小児の予防接種に及ぼす影響を調査したところ、3割で予防接種を延期していたことが明らかになったと報告。ワクチンで感染を防がなければ将来の感染者や重症化例が増える恐れがあるとして、保護者も医師も正確な情報を共有し、COVID-19の流行を理由に接種を延期しないよう訴えた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  小児の3割が予防接種を延期、コロナ流行で