メニューを開く 検索を開く ログイン

肺炎球菌性肺炎を植物成分で治療?

 2020年10月26日 05:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 ※画像はイメージです

 抗菌薬は細菌感染症の有効な治療薬だが、抗菌薬が効きにくい耐性菌が増えている。新潟大学微生物感染症学教授の寺尾豊氏らは、薬剤耐性菌を含む肺炎球菌による肺炎に対する植物由来成分ヒノキチオールの有効性をマウスで検討。その結果、同成分が肺炎球菌を殺菌し、肺組織の病的な炎症や損傷を抑制することが明らかになったと、PLoS One2020; 15: e0240329)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  肺炎球菌性肺炎を植物成分で治療?