メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  肺炎球菌性肺炎を植物成分で治療?

肺炎球菌性肺炎を植物成分で治療?

2020年10月26日 05:00

イメージ画像 ※画像はイメージです

 抗菌薬は細菌感染症の有効な治療薬だが、抗菌薬が効きにくい耐性菌が増えている。新潟大学微生物感染症学教授の寺尾豊氏らは、薬剤耐性菌を含む肺炎球菌による肺炎に対する植物由来成分ヒノキチオールの有効性をマウスで検討。その結果、同成分が肺炎球菌を殺菌し、肺組織の病的な炎症や損傷を抑制することが明らかになったと、PLoS One2020; 15: e0240329)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  肺炎球菌性肺炎を植物成分で治療?