メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナの重症化しやすい血液型が判明

 2020年10月26日 16:45
プッシュ通知を受取る

28名の先生が役に立ったと考えています。

 血液型がA型およびAB型の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者は、重症化しやすいとの研究結果がBlood Adv2020; 4: 4981-4989)に掲載された。報告したカナダ・University of British ColumbiaのRyan L. Hoiland氏らによると、O型およびB型のCOVID-19患者に比べA型およびAB型の患者では、機械的人工換気および持続的腎代替療法(CRRT)を要する割合がいずれも有意に高かったという。(関連記事「コロナ感染は血液型で決まる!?」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナの重症化しやすい血液型が判明