メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

Oncology Tribune

ペムブロへのシスプラチンミセル上乗せでPFS延長

頭頸部がんを対象とした第Ⅱ相試験

 2020年10月26日 15:59
プッシュ通知を受取る

 ナノキャリアは10月26日、⽶国で頭頸部がんを対象に抗PD-1抗体ペムブロリズマブへのNC-6004(シスプラチンミセル)の上乗せ効果を検討している第Ⅱ相試験において良好な成績が得られたと発表。結果の詳細は第32回EORTC-NCI-AACR SYMPOSIUM(10⽉24~25⽇、ウェブ開催)で報告された。

 同試験ではNC-6004の最⼤耐⽤量は特定されず、推奨用量は135mg/m2に決定されたという。部分奏効は4例で認められ、奏効率は25%、病勢コントロール率は87.5%であった。無増悪⽣存期間(PFS)中央値は、試験全体では4.0カ月、推奨⽤量の135mg/m2投与例(6例)では5.2カ月だった。安全性プロファイルは良好で、⽤量制限毒性は認められず、重篤な有害事象は1例(6.3%)に認められた。

 再発・転移頭頸部扁平上皮がんに対するペムブロリズマブの有効性と安全性を検討した第Ⅲ相試験KEYNOTE-040におけるペムブロリズマブ群の奏効率は14.6%、PFSは2.1カ月であり(Ann Oncol 2018; 29: VIII373-VIII374)、今回の結果はこの成績を上回っていた。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  ペムブロへのシスプラチンミセル上乗せでPFS延長