メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

透析中の血管狭窄音を音響分析で判別

血液透析シャントの狭窄スクリーニング

 2020年10月27日 05:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 血液透析治療では十分な脱血流量を確保するため、上腕の静脈と動脈2つの血管を吻合してつくる自己血管内シャントや、人工血管内シャントが使われる。シャントは透析を続ける上で必要だが、経時的に血管が狭窄する問題がある。そのため、透析専門スタッフが透析治療中にシャント音を聴診し、狭窄をスクリーニングする官能検査が行われている。しかし、官能検査で狭窄を判定するためには熟練が必要で、スタッフによって判定が異なるケースも多い。また、官能検査は主観的に行われるため、定量的な評価が難しいという課題がある。脳神経センター大田記念病院(広島県)の田頭瑞萌氏、徳島文理大学保健福祉学部臨床工学科教授の中川隆文氏らは、透析時の血流雑音を音響分析し、狭窄を早期に検出する方法を検討、実験データを基にその有効性を評価した結果を第95回日本医療機器学会(9月20日〜10月19日、ウェブ開催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナで医療崩壊の危機」感じていますか?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  腎・泌尿器 »  透析中の血管狭窄音を音響分析で判別