メニューを開く 検索を開く ログイン

インフルワクチンの副反応疑い報告をまとめ

 2020年10月27日 05:00
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 厚生労働省は、2019年10月1日~20年4月30日(以下、2019年シーズン)に報告されたインフルエンザワクチン接種後の副反応疑い報告の状況をまとめ、今月(2020年10月)、公式サイトに発表した。2019年シーズンにおいて、ワクチン接種との因果関係が否定できないギラン・バレー症候群、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)が報告された。しかし、その他の症例も含め「ワクチンの安全性に新たな懸念は認められない」と結論。添付文書の改訂は行わず、動向を注視していくとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  インフルワクチンの副反応疑い報告をまとめ