メニューを開く 検索を開く ログイン

東京「夜の街」クラスターの患者像

 2020年10月28日 14:16
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大が続く東京都では、流行初期の段階から夜の歓楽街が感染リスクが高い場面の1つとされていた。国立国際医療研究センター国際感染症センターの高谷紗帆氏らは、夜の歓楽街への曝露とSARS-CoV-2のポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査結果との関連を検討。その結果、夜の歓楽街への曝露群ではPCR陽性率が63.8%と、非曝露群の23.0%に比べ有意に高いことが明らかになったと、Epidemiol Infect2020年10月13日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  東京「夜の街」クラスターの患者像