メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

腎がんでニボルマブ+カボザンチニブを承認申請

2020年10月28日 10:53

2名の医師が参考になったと回答 

 小野薬品工業株式会社と武田薬品工業は10月27日、抗PD-1抗体ニボルマブとマルチキナーゼ阻害薬カボザンチニブについて、根治切除不能または転移性の腎細胞がんを対象とした承認申請を行ったと発表した。

 今回の承認申請は、未治療の進行性または転移性の腎細胞がん患者を対象に、ニボルマブとカボザンチニブの併用療法とスニチニブ単剤療法を比較した多施設国際共同非盲検ランダム化第Ⅲ相試験CheckMate-9ERの結果に基づく。同試験ではスニチニブと比べてニボルマブ+カボザンチニブ併用療法が全生存期間(OS)、無増悪生存期間(PFS)、奏効率(ORR)など、全ての有効性評価項目で有意な改善を示している(関連記事「腎がんへのニボルマブ+カボザンチニブを米で申請」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  腎がんでニボルマブ+カボザンチニブを承認申請

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD533176 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外