メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

なぜPALLAS試験はネガティブだったのか

monarchE試験の結果とともに乳がん周術期のCDK4/6阻害薬を展望

 2020年10月29日 16:50
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 9月にウェブ開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO Virtual Congress 2020)では、乳がん領域における重要な演題が複数発表された。これを受けて、第28回日本乳癌学会(10月9~31日、ウェブ開催)では緊急特別企画「ESMOでの発表徹底議論」が設けられた。ここでは、ESMO 2020で発表された2件の第Ⅲ相試験(PALLASおよびmonarchE)の結果を中心に、乳がんの周術期のCDK4/6阻害薬について考察した兵庫県立がんセンター腫瘍内科部長の松本光史氏の発表を紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  なぜPALLAS試験はネガティブだったのか