メニューを開く 検索
Oncology Tribune

HER2陽性胃がんへのDS-8201が米で承認申請受理

2020年10月29日 11:39

1名の医師が参考になったと回答 

 第一三共とアストラゼネカは10月28日、HER2に対する抗体薬物複合体であるトラスツズマブ デルクステカン(DS-8201)について、HER2陽性胃がんに係る生物学的製剤承認申請が米国食品医薬品局(FDA)にて受理され、優先審査の指定を受けたことを発表した。同承認申請は、トラスツズマブを含む2つ以上の前治療を受けたHER2陽性の切除不能な胃腺がん患者または胃食道接合部腺がん患者を対象とした第Ⅱ相臨床試験(DESTINY-Gastric01、日本および韓国で実施)の結果に基づくもの。

■関連記事

既治療HER2陽性胃がん 抗体薬物複合体が奏効

進行胃がんに対する化学療法を展望

胃癌治療GL第6版の化学療法を展望

胃癌GL速報、HER2陽性三次治療でT-DXdを推奨

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  HER2陽性胃がんへのDS-8201が米で承認申請受理