メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

HER2陽性胃がんへのDS-8201が米で承認申請受理

 2020年10月29日 11:39
プッシュ通知を受取る

 第一三共とアストラゼネカは10月28日、HER2に対する抗体薬物複合体であるトラスツズマブ デルクステカン(DS-8201)について、HER2陽性胃がんに係る生物学的製剤承認申請が米国食品医薬品局(FDA)にて受理され、優先審査の指定を受けたことを発表した。同承認申請は、トラスツズマブを含む2つ以上の前治療を受けたHER2陽性の切除不能な胃腺がん患者または胃食道接合部腺がん患者を対象とした第Ⅱ相臨床試験(DESTINY-Gastric01、日本および韓国で実施)の結果に基づくもの。

■関連記事

既治療HER2陽性胃がん 抗体薬物複合体が奏効

進行胃がんに対する化学療法を展望

胃癌治療GL第6版の化学療法を展望

胃癌GL速報、HER2陽性三次治療でT-DXdを推奨

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  プレスリリース »  HER2陽性胃がんへのDS-8201が米で承認申請受理