メニューを開く 検索を開く ログイン

救急救命士は中毒を「対応しにくい」と認識

 2020年10月30日 05:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 東海大学八王子病院救命救急科/SUBARU健康保険組合太田記念病院(群馬県)救急科の山本理絵氏は、救急救命士の中毒に対する意識調査の結果を第42回日本中毒学会(9月7〜20日、ウェブ開催)で報告した。救急救命士は中毒症例の経験が少なく、「対応しにくい」と苦手意識を持っており、中毒に関する教育機会を求めていることが分かった。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

宣言中でも修学旅行を実施する方針。

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  その他診療領域 »  救急救命士は中毒を「対応しにくい」と認識