メニューを開く 検索 ログイン

小児気管支喘息診療GL2020の改訂点

長期管理、喘鳴治療時の対応法示す

2020年10月30日 05:10

25名の医師が参考になったと回答 

 『小児気管支喘息治療・管理ガイドライン』(JPGL)は2000年に発刊されて以来、数年ごとに改訂を重ね、今年(2020年)10月末に最新版(JPGL2020)が刊行される。JPGL2020を監修した富山大学小児科学講座教授の足立雄一氏は、改訂ポイントについて第69回日本アレルギー学会(9月17日~10月20日、ウェブ開催)で概説。新たに追加されたクリニカルクエスチョン(CQ)の内容などに言及し、長期管理、喘鳴治療時の対応法を示した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  アレルギー »  小児気管支喘息診療GL2020の改訂点

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで