メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

高齢AMLへのベネトクラクス併用が米で完全承認

2020年10月30日 15:24

1名の医師が参考になったと回答 

 米国アッヴィ社は10月16日、75歳以上または強力な導入化学療法を選択できない併存疾患を有する初発の急性骨髄性白血病(AML)成人患者に対するBCL-2阻害薬ベネトクラクスについて、アザシチジン、デシタビンまたは低用量シタラビン(LDAC)との併用療法を米国食品医薬品局(FDA)が完全承認したことを発表した。同承認の基となったのは、第Ⅲ相試験であるVIALE-A(M15-656)および VIALE-C (M16-043)のデータ、ならびに第Ib相試験(M14-358)および第I/II相試験(M14-387)の最新データに基づく。FDAは2018年に上記の適応でベネトクラクスを迅速承認しており、今回は完全承認へと切り替えられた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  高齢AMLへのベネトクラクス併用が米で完全承認

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD533247 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外