メニューを開く 検索 ログイン

経口JAK、アトピー性皮膚炎で追加申請

アッヴィのウパダシチニブ

2020年10月30日 18:52

9名の医師が参考になったと回答 

 アッヴィは10月28日、経口ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬ウパダシチニブ(商品名リンヴォック)について、中等〜重症のアトピー性皮膚炎に対する適応追加承認を申請したと発表した。ウパダシチニブは今年(2020年)1月に「既存治療で効果不十分な関節リウマチ(RA)」で承認を取得、6月には乾癬性関節炎(関節症性乾癬)に対する適応追加承認を申請している。なお、アトピー性皮膚炎を適応症とするJAK阻害薬としては、今年1月に外用薬のデルゴシチニブ〔商品名コレクチム、日本たばこ産業(JT)/鳥居薬品〕が承認されている。(関連記事:「関節リウマチ治療薬ウパダシチニブの実力」「外用JAK阻害薬の安全使用マニュアル公表」

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  皮膚 »  経口JAK、アトピー性皮膚炎で追加申請

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで