メニューを開く 検索を開く ログイン

新規MR拮抗薬がCKDの進行を抑制

“非ステロイド型”finerenoneの第Ⅲ相試験

 2020年11月02日 05:05
プッシュ通知を受取る

29名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 非ステロイド型選択的ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬(MRA)finerenoneは標準治療への上乗せにより、慢性腎臓病(CKD)の進行および心血管イベントの発生を抑制することが示された。米・University of ChicagoのGeorge L. Bakris氏らが、48カ国で2型糖尿病を合併するCKD患者5,734例を対象にfinerenoneの有効性と安全性を検討した第Ⅲ相試験FIDELIO-DKDの結果を、米国腎臓学会腎臓週間2020(ASN Kidney Week 2020、10月19~25日、ウェブ開催)で報告した。詳細はN Engl J Med2020年10月23日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  新規MR拮抗薬がCKDの進行を抑制