メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  皮膚 »  リサンキズマブで乾癬患者のQOL改善

リサンキズマブで乾癬患者のQOL改善

2020年11月04日 05:05

4名の医師が参考になったと回答 

 患者中心のケアが求められる中、患者の主観的評価である患者報告アウトカム(patient reported outcome;PRO)が重視されてきている。ドイツ・University Medical Center HamburgのMatthias Augustin氏らは、尋常性乾癬患者997例を対象とした国際共同第Ⅲ相試験2件の統合解析から、リサンキズマブの治療成績として良好なPROが示されたとJAMA Dermatol(2020年10月14日オンライン版)に発表。リサンキズマブ150mg投与は、ウステキヌマブ45/90mg投与またはプラセボと比べて、乾癬症状および健康関連QOLを有意に改善し、心理的苦痛を軽減した。(関連記事「乾癬治療薬、世界に先駆け日本で承認」

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  皮膚 »  リサンキズマブで乾癬患者のQOL改善