メニューを開く 検索

妊娠中のバルプロ酸使用で顕著なリスク増

出生児の神経発達障害リスクが4~5倍に

2020年11月04日 05:10

12名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 フランス・French National Health InsuranceのJoël Coste氏らは、同国の全国保健データシステム(SNDS)を用いて約172万人の出生児を追跡。母親の胎内で抗てんかん薬バルプロ酸ナトリウム(VPA)に曝露していた児では、幼児期に神経発達障害と診断されるリスクが4〜5倍に上昇していたことを明らかにしたとSci Rep(2020; 10: 17362)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  妊娠中のバルプロ酸使用で顕著なリスク増