メニューを開く 検索を開く ログイン

妊娠中のバルプロ酸使用で顕著なリスク増

出生児の神経発達障害リスクが4~5倍に

 2020年11月04日 05:10
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 フランス・French National Health InsuranceのJoël Coste氏らは、同国の全国保健データシステム(SNDS)を用いて約172万人の出生児を追跡。母親の胎内で抗てんかん薬バルプロ酸ナトリウム(VPA)に曝露していた児では、幼児期に神経発達障害と診断されるリスクが4〜5倍に上昇していたことを明らかにしたとSci Rep(2020; 10: 17362)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  妊娠中のバルプロ酸使用で顕著なリスク増