メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

術前療法後高リスクHER2陽性乳がんに対する術後療法T-DXdの第Ⅲ相が開始

 2020年11月04日 16:18
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 第一三共株式会社は11月4日、HER2に対する抗体薬物複合体(ADC)であるトラスツズマブ デルクステカン(T-DXd)について、術前療法後に浸潤性残存病変を有する再発リスクの高いHER2陽性の乳がん患者を対象とした第Ⅲ相試験DESTINY-Breast05を開始したことを報告した。

 同試験は、術前療法を経た手術後に乳房または腋窩リンパ節に浸潤性残存病変を有するHER2陽性乳がん患者のうち、再発リスクが高い患者を対象に、T-DXdの有効性と安全性をトラスツズマブ エムタンシン(T-DM1)と比較。有効性の主要評価項目は無浸潤疾患生存期間(IDFS)で、安全性の評価項目は有害事象などであるという。北米、欧州およびアジアにおいて、最大1,600例の患者が登録される予定。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  プレスリリース »  術前療法後高リスクHER2陽性乳がんに対する術後療法T-DXdの第Ⅲ相が開始