メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

超高齢AF患者に低用量エドキサバンが有効

日本人対象第Ⅲ相試験ELDERCARE-AF

 2020年11月05日 16:55
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 出血への懸念から経口抗凝固薬の標準用量投与が困難と判断された超高齢心房細動患者(AF)に対し、エドキサバンの低用量投与における有効性が明らかになった。済生会熊本病院循環器内科不整脈先端治療部門最高技術顧問の奥村謙氏らが、80歳以上の日本人非弁膜症性AF(NVAF)患者984例を対象とした第Ⅲ相二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験ELDERCARE-AFの結果をN Engl J Med(2020; 383: 1735-1745)に報告。同薬が脳卒中や全身性塞栓症のリスクを有意に下げたことを明らかにした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  超高齢AF患者に低用量エドキサバンが有効