メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

コロナ禍でもがん検診を

2020年11月05日 05:05

4名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、さまざまなところに大きな影響を及ぼしているが、がん手術も例外ではない。群馬大学大学院総合外科学講座肝胆膵外科教授の調憲氏は、第58回日本癌治療学会(10月22~24日、ウェブ併催)で、2件のアンケート結果から、COVID-19の流行に伴い国内のがん手術件数が減少していることを報告。多くの本来は助かる命が、手遅れになってしまっている可能性を危惧し、減少の要因とみられる受診抑制緩和の重要性を指摘した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  コロナ禍でもがん検診を

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD533260 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外