メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

コロナ禍でもがん検診を

 2020年11月05日 05:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、さまざまなところに大きな影響を及ぼしているが、がん手術も例外ではない。群馬大学大学院総合外科学講座肝胆膵外科教授の調憲氏は、第58回日本癌治療学会(10月22~24日、ウェブ併催)で、2件のアンケート結果から、COVID-19の流行に伴い国内のがん手術件数が減少していることを報告。多くの本来は助かる命が、手遅れになってしまっている可能性を危惧し、減少の要因とみられる受診抑制緩和の重要性を指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍で増加。「公園飲み」・「路上飲み」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  コロナ禍でもがん検診を