メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  50歳代男性の自殺企図、テストステロンの影響は?

50歳代男性の自殺企図、テストステロンの影響は?

2020年11月05日 05:00

14名の医師が参考になったと回答 

 厚生労働省の『2020年版自殺対策白書』によると、2018年の自殺者数は2万169人で、男性が1万4,078人と7割程度を占めている。また「令和元年中における自殺の状況」の年齢階級別自殺死亡率を見ると、50歳代が唯一20%を超え最も高い。こうした背景の下、関西医科大学精神神経科学講座診療講師の織田裕行氏は、総テストステロン値と自殺企図の関連性を検討。結果を第20回日本Men's Health医学会(10月9~10日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  50歳代男性の自殺企図、テストステロンの影響は?