メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

50歳代男性の自殺企図、テストステロンの影響は?

 2020年11月05日 05:00
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 厚生労働省の『2020年版自殺対策白書』によると、2018年の自殺者数は2万169人で、男性が1万4,078人と7割程度を占めている。また「令和元年中における自殺の状況」の年齢階級別自殺死亡率を見ると、50歳代が唯一20%を超え最も高い。こうした背景の下、関西医科大学精神神経科学講座診療講師の織田裕行氏は、総テストステロン値と自殺企図の関連性を検討。結果を第20回日本Men's Health医学会(10月9~10日、ウェブ開催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  50歳代男性の自殺企図、テストステロンの影響は?