メニューを開く 検索 ログイン
第28回 日本消化器関連学会週間(JDDW 2020)

胆道・膵管の上皮内腫瘍 (2019年WHO消化器腫瘍分類改訂をうけて)

2020年11月05日 06:55

統合プログラム2(ワークショップ)

本日 14:30〜17:00 第6会場

司会 大塚 将之氏 千葉大大学院・臓器制御外科学
入澤 篤志氏 獨協医大・消化器内科
演 者 中沼 安二氏 福井県済生会病院・病理診断科/静岡がんセンター・病理診断科
福嶋 敬宜氏 自治医大・病理診断部
長尾 宗政氏 京都大大学院・消化器内科学
藤澤 美亜氏 東海大・消化器内科
植村 修一郎氏 東京女子医大・消化器・一般外科
清水 晃典氏 尾道総合病院・消化器内科
田畑 宏樹氏 がん・感染症センター都立駒込病院・消化器内科

 消化器がんは粘膜の上皮から発生するとされ、上皮内腫瘍は先行病変あるいは発生初期段階と考えられる。日本の消化器内科・外科医と臨床病理医の共同研究は古くから盛んで、胃がんにおける上皮内がんの概念創出という業績は広く知られている。

 膵においては、1982年に粘液産生膵腫瘍の概念が提唱され、膵管内乳頭状粘液性腫瘍(IPMN)という疾患概念が定着した。これに端を発した膵菅上皮内腫瘍の研究は病理形態学を基盤とし、膵上皮内腫瘍性病変(PanIN)および膵管内管状乳頭腫瘍(ITPN)が膵がんの先行病変、前がん病変として分類された。その後、ゲノム医療の進展などにより、2019年の世界保健機関(WHO)消化器腫瘍分類改訂では、intraductal oncocytic papillary neoplasm(IOPN)が独立した膵の上皮内腫瘍として定義された。

 胆道については、ほとんどが進行がんとして見つかるため上皮内腫瘍の検討は進んでいなかった。しかし、膵と同様の粘液産生胆管腫瘍の報告や、基調講演演者の中沼安二氏らによる肝内結石症における胆管内に発育する乳頭状腫瘍の報告から、膵のIPMNに対するカウンターパートとして胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)という概念が提唱された。また、胆囊における同様の腫瘍であるintracystic papillary neoplasm(ICPN)や、PanINに相応する胆道上皮層内腫瘍(BilIN)が定義された。ただし、これらは膵を意識して概念的な枠組みが先行したものであり、現在、臨床病理学的研究や分子生物学的解析などによる裏付け研究が盛んに行われている。

 上皮内腫瘍の検討は発がんや浸潤がんに至るメカニズムを理解する端緒となり、予後不良な膵・胆道がんの予防、早期診断・治療につながる可能性がある。ただし、膵・胆道の上皮内腫瘍は臨床的意義、分子生物学的な相違など不明点も多い。本セッションでは、これらの最新の研究結果が報告される予定である。

分類改訂の概説および基礎的・臨床的検討の結果を報告

 セッションの冒頭には2人の病理医による基調講演が行われる。中沼氏は胆道上皮内腫瘍、特にIPNBについて、福嶋敬宜氏は膵管上皮内腫瘍について、いずれも2019年のWHO消化器腫瘍分類改訂を中心に解説する。その後、3人の演者から胆道上皮内腫瘍の基礎的・臨床的検討について、後半の2演題では膵管上皮内腫瘍に関して報告される。

 長尾宗政氏は幽門腺型胆嚢腺腫と幽門腺形質を持つBilINの形成にKrasおよびWntシグナルが果たす役割について、マウスを用いた検討結果を報告する。藤澤美亜氏はICPNの臨床検体を用いた分子病理学的検討による知見を報告し、植村修一郎氏はIPNB切除例の検討から予後因子の解析結果を提示する。清水晃典氏はstage 0膵がんをPanIN-3とIPMN with high-grade dysplasiaに分け臨床的特徴を検討。田畑宏樹氏からは分枝膵管の拡張を伴うPanIN-3の診断で有用性が期待される限局性膵萎縮について示される予定だ。

 腫瘍分類改訂の概説とともに、膵管・胆道上皮内腫瘍の本質について、基礎的検討のみならず、臨床的意義、behaviorについて幅広く取り上げられている。膵管・胆道上皮内腫瘍の実態、意義に迫ることが期待される。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  学会レポート »  胆道・膵管の上皮内腫瘍 (2019年WHO消化器腫瘍分類改訂をうけて)

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD533312 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外