メニューを開く 検索を開く ログイン

光って知らせるビタミンD代謝物の測定技術

 2020年11月06日 05:05
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 ビタミンDは肝臓や腎臓でビタミンD代謝物に変換されて生理作用に影響を与えるため、不足するとさまざまな疾患の発症リスクが高まることが知られている。富山県立大学工学部医薬品工学科教授の榊利之氏らは、株式会社ファンケルと共同でビタミンDの代謝物である25-ヒドロキシカルシフェロール〔25(OH)D〕などを高感度に測定する技術(ビタミン D バイオセンサー)を開発したと、同大学のプレスリリースで発表。ビタミンD代謝物を短時間で測定することが可能になったと報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  健康・公衆衛生 »  光って知らせるビタミンD代謝物の測定技術