メニューを開く 検索 ログイン

血中アミノ酸バランスで認知症を早期発見

「アミノインデックス」検査に新たな可能性

2020年11月06日 13:49

9名の医師が参考になったと回答 

 味の素は10月26日に記者説明会を開き、血液中のアミノ酸バランスから認知機能低下のリスク評価が可能になったと発表。同社の「アミノインデックス」検査を認知症予防にも活用しうるとの展望を示した。説明会では、新潟大学脳研究所生命科学リソース研究センター遺伝子機能解析学分野教授の池内健氏、東京都健康長寿医療センター研究所研究部長の北村明彦氏が、高齢化が進む日本において、食事介入により認知機能低下を防止することの重要性をそれぞれ訴えた。

26669_pho1.jpg

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  血中アミノ酸バランスで認知症を早期発見

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD533320 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外