メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

HRT長期併用で乳がんリスク80%上昇

英・50万例超対象の症例対照研究

 2020年11月06日 18:10
プッシュ通知を受取る

17名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 英国における閉経後のホルモン補充療法(HRT)に関連する乳がんリスクの最新の推計値が示された。英・University of NottinghamのYana Vinogradova氏らは、英国の二大プライマリケア・データベースから抽出した50万例超を対象に行った症例対照研究の結果、HRT長期使用に関連する乳がんのリスク上昇は最近のメタ解析の結果に比べて少なく、HRTを中止するとリスクがより顕著に低下することが示唆されたとBMJ2020; 371: m3873)に報告した(関連記事「閉経後HRT停止10年後も乳がんリスク上昇」「慢性疾患予防のための閉経後HRTは推奨せず」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  女性疾患・周産期 »  HRT長期併用で乳がんリスク80%上昇