メニューを開く 検索 ログイン

"脳マシンインターフェース"臨床化に期待

運動機能再建やAIと連携し認知機能改善も

2020年11月10日 05:10

5名の医師が参考になったと回答 

「ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)」は、脳波などを信号源とし運動や知覚、認知内容などの情報を読み取り、人工知能(AI)を搭載したロボットやコンピューターと連動させて動作を制御する技術。重度運動障害を有する患者の日常動作の補助、AIと連携させて意思伝達を行う他、高齢者の認知機能改善に応用するなど多様な活用に期待が高まっている。大阪大学高等共創研究院教授の栁澤琢史氏は、第20回日本抗加齢医学会(9月25~27日、ウェブ併催)でBMIの臨床応用の可能性と展望について紹介した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  高齢者 »  "脳マシンインターフェース"臨床化に期待