メニューを開く 検索 ログイン

心血管疾患のアスピリン初発予防の投与基準

冠動脈石灰化スコアで初発予防効果を検討

2020年11月10日 17:46

9名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米・University of Texas Southwestern Medical CenterのEzimamaka Ajufo氏らは、Dallas Heart Studyに登録された2,191例を対象に、アテローム性動脈硬化性心血管疾患(ASCVD)初発予防におけるアスピリンの有益な投与基準を検討。出血リスクが低くASCVDリスクが中等度以上の対象では、冠動脈石灰化(CAC)スコア100以上で心筋梗塞や脳卒中の発症予防効果が出血リスクを上回ることが分かった。JAMA Cardiol2020年10月28日オンライン版)に掲載された。(関連記事「CACスコアが冠動脈疾患の予測に有用」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  心血管疾患のアスピリン初発予防の投与基準

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで