メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  健康・公衆衛生 »  医師に睡眠障害あると燃え尽きリスク4倍増

医師に睡眠障害あると燃え尽きリスク4倍増

米・1,000例超対象の横断研究

2020年11月11日 05:05

56名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米国では、半数以上の医師が燃え尽き症候群であると報告されている。職業上、長時間労働や宿直をせざるをえず、睡眠不足に陥る医師は少なくないが、睡眠不足はうつ病の予測因子ともされ注意を要する。米・Brigham and Women's HospitalのMatthew D. Weaver氏らは、同国の教育病院に勤務する医師1,000人超を対象に睡眠不足と燃え尽き症候群の関連を横断的に検討。その結果、睡眠障害と判定された医師は、判定されなかった医師に比べ燃え尽き症候群のリスクが3.67倍有意に高いとJAMA Netw Open2020; 3: e2023256)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  健康・公衆衛生 »  医師に睡眠障害あると燃え尽きリスク4倍増