メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  レンバチニブ+ペムブロが未治療進行腎がんで著効

Oncology Tribune

レンバチニブ+ペムブロが未治療進行腎がんで著効

2020年11月11日 12:21

8名の医師が参考になったと回答 

 エーザイと米・Merckは11月10日、第Ⅲ相試験CLEAR(307)/KEYNOTE-581において、マルチキナーゼ阻害剤レンバチニブと抗PD-1抗体ペムブロリズマブの併用療法が、スニチニブ単独療法と比べて無増悪生存期間(PFS)、全生存期間(OS)、奏効率(ORR)を有意に改善したことを明らかにした。

 なお、レンバチニブとmTOR阻害剤エベロリムスの併用療法についても、スニチニブ単独療法と比べてPFSおよびORRを有意に改善していた。安性にはいずれの併用療法も既報と同様だった。結果の詳細は今後の学会で発表される予定であるという。

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  レンバチニブ+ペムブロが未治療進行腎がんで著効