メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

新規乳がんマーカーを発見、蛍光により可視化

 2020年11月11日 12:37
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 東京大学大学院生体情報学分野教授の浦野泰照氏らの研究グループは、乳がんの新規バイオマーカーとしてα-マンノシダーゼ2C1(MAN2C1)を発見し、MAN2C1活性により悪性腫瘍と良性腫瘍を異なる色で蛍光可視化し、肉眼で確認できない微小な乳がん組織を識別する技術を開発、ACS Cent Sci2020年10月29日オンライン版)に報告した。

■東京大学のプレスリリースはこちら

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  プレスリリース »  新規乳がんマーカーを発見、蛍光により可視化