メニューを開く 検索を開く ログイン

最新知見で示す舌下免疫療法の可能性

 2020年11月12日 05:00
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 アレルギー性喘息や鼻炎に対するアレルゲン免疫療法の有効性はさまざまな臨床研究で証明されており、全ての症状、条件下に対してではないが保険適用も拡大されつつある。埼玉医科大学呼吸器内科准教授の中込一之氏は、近年示された知見などを紹介しながら、舌下免疫療法(SLIT)の多様な効果を第69回日本アレルギー学会(9月17日~10月20日、ウェブ開催)で説明した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  アレルギー »  最新知見で示す舌下免疫療法の可能性