メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

米国でリキッドバイオプシー承認相次ぐ

固形がんに対するコンパニオン診断薬として

 2020年11月12日 13:13
プッシュ通知を受取る

24名の先生が役に立ったと考えています。

 米食品医薬品局(FDA)は血液中の循環腫瘍DNA(ctDNA)を検体として用いるリキッドバイオプシー検査である「FoundationOne Liquid CDx」について、複数のがん種に対するコンパニオン診断薬として新たに承認した。今年(2020年)8月以降、次世代シークエンサー(NGS)をベースとしたリキッドバイオプシーの承認が相次いでいる(関連記事「EGFR変異肺がんで初のNGSベースのリキッドバイオプシーが米承認」「FoundationOneのリキッドバイオプシーが米で承認」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  米国でリキッドバイオプシー承認相次ぐ