メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  米国でリキッドバイオプシー承認相次ぐ

Oncology Tribune

米国でリキッドバイオプシー承認相次ぐ

固形がんに対するコンパニオン診断薬として

2020年11月12日 13:13

26名の医師が参考になったと回答 

 米食品医薬品局(FDA)は血液中の循環腫瘍DNA(ctDNA)を検体として用いるリキッドバイオプシー検査である「FoundationOne Liquid CDx」について、複数のがん種に対するコンパニオン診断薬として新たに承認した。今年(2020年)8月以降、次世代シークエンサー(NGS)をベースとしたリキッドバイオプシーの承認が相次いでいる(関連記事「EGFR変異肺がんで初のNGSベースのリキッドバイオプシーが米承認」「FoundationOneのリキッドバイオプシーが米で承認」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  米国でリキッドバイオプシー承認相次ぐ