メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

薬局薬剤師に緊急避妊薬の知識を

緊急避妊薬学習ツールを開発

 2020年11月12日 05:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 10月8日に開かれた内閣府の第5次基本計画策定専門調査会では、「第5次男女共同参画基本計画の策定に当たっての基本的な考え方(案)」が提示され、緊急避妊薬に関する研修を受けた薬剤師が、対面で緊急避妊薬を服用させることを条件に処方箋なしで購入できるよう検討する旨が記載された。これを受け、京都大学SPH薬局情報グループリーダーの岡田浩氏らは、薬局薬剤師向けの緊急避妊薬学習ツールを作成、同グループ公式サイトで公開した(関連記事「緊急避妊薬を地方薬局でも」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  女性疾患・周産期 »  薬局薬剤師に緊急避妊薬の知識を