メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

Oncology Tribune

喫煙と大腸がんの関連の根拠が日本人で強固なものに

 2020年11月12日 19:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 国立がん研究センターなどのグループは、日本人における喫煙状況・喫煙本数・禁煙と大腸がん罹患リスクとの関連を評価するため、10件の前向きコホート研究の統合解析を行った。その結果、36万3,409名の参加者(男性47.3%)を追跡(平均追跡期間は7.6年から20.6年)し、そのうち9,232名(男性が60.5%)に大腸がんを確認した。非喫煙者と比較したところ、男性において喫煙経験者における大腸がんの罹患リスクは1.19倍、結腸がんは1.19倍、下行結腸がんは1.28倍、直腸がんは1.21倍と高かった。女性では、非喫煙者と比較して、喫煙経験者の下行結腸がん罹患リスクは1.47倍であった。

■国立がん研究センターのプレスリリースはこちら

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  プレスリリース »  喫煙と大腸がんの関連の根拠が日本人で強固なものに