メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

EGFR-TKI耐性NSCLCの再生検は組織?血漿?

 2020年11月13日 17:53
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 がんゲノム解析の進展に伴い、ドライバー遺伝子変異に合わせた分子標的治療によりさまざまながんで高い治療効果を得られるようになった。兵庫県立がんセンター副院長/呼吸器内科部長の里内美弥子氏は11月5日、日本イーライリリーが開催したオンラインメディアセミナーで肺がん治療における遺伝子検査に際しての生検、特にEGFR-TKI耐性後の再生検について解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  EGFR-TKI耐性NSCLCの再生検は組織?血漿?