メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

国内初、治療用アプリが保険収載へ

CureAppのニコチン依存症治療用アプリ

 2020年11月13日 17:58
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 中央社会保険医療協議会(中医協)は11月11日、株式会社CureAppの禁煙治療補助システム「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」(以下、CureApp SC)の12月1日付での保険収載を了承した。決定区分は「C2(新技術)」で、医師がアプリを処方した治療開始時に準用技術料として2,540点(2万5,400円)が算定される。治療用アプリの保険収載は国内初。同社は11月11日に東京都で記者会見を開き、12月1日に販売を開始すると発表した。(関連記事:「初の禁煙治療用アプリが承認」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  国内初、治療用アプリが保険収載へ