メニューを開く 検索を開く ログイン

トシリズマブ投与はCOVID-19重篤患者に

早期投与で死亡リスク低下

 2020年11月14日 05:00
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 重症の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)において、トシリズマブ(TCZ)投与が画像所見と臨床予後を改善することは予備的研究で示されているが、ランダム化比較試験(RCT)の実施が困難なこともあり、気管挿管や死亡リスクに対する影響は明らかではなかった。米・Brigham and Women's HospitalのDavid E. Leaf氏らは、多数の観察データを基に介入試験を模倣するtarget trial emulation(TTE)という手法を用いて、TCZとCOVID-19による死亡リスクとの関連を解析。重篤COVID-19患者への集中治療室(ICU)入室から2日以内のTCZ投与で、死亡率が30%低下したとJAMA Intern Med(2020年10月20日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  トシリズマブ投与はCOVID-19重篤患者に