メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナ、食料品販売員は無症候性率高い

 2020年11月15日 05:00
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 食料品小売店の従業員は新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染リスクが高く、感染しても無症候のことが多い可能性が米国の横断研究で示唆された。米・Harvard University T.H/ Chan School of Public HealthのFan-Yun Lan氏らは、今年(2020年)5月にポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査を受けた米・マサチューセッツ州の食料品店の従業員において陽性率が20%に上った一方で、陽性者の7割超に症状がなかったことをOccup Environ Med2020年10月30日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナ、食料品販売員は無症候性率高い