メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  夜間血圧上昇型で心血管イベントリスク上昇

夜間血圧上昇型で心血管イベントリスク上昇

日本・6,000例超のJAMP研究

2020年11月16日 05:05

24名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 昼間と比べて夜間の血圧が高い人では心血管イベントのリスクが高まることが、日本の前向き観察研究Japan Ambulatory Blood Pressure Prospective Study(JAMP)で示された。自治医科大学循環器内科学主任教授の苅尾七臣氏らは、夜間の収縮期血圧(SBP)値の上昇や、昼間と比べ夜間に血圧が上昇する「riser型」が、心血管イベントのリスクと独立して関連していたとの結果をCirculation2020; 142: 1810-1820)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  夜間血圧上昇型で心血管イベントリスク上昇