メニューを開く 検索 ログイン

COVID-19関連脳卒中はアジア人が高率

英・多施設症例対照研究

2020年11月16日 05:00

4名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に脳卒中を併発した患者の約5人に1人がアジア人種で、この頻度はCOVID-19でない脳卒中患者の2倍以上に上る。英・UCL Queen Square Institute of NeurologyのRichard J . Perry氏らが、2020年3~7月に英国の脳卒中センターに入院した患者約1,500例を対象に実施した症例対照研究の結果をJ Neurol Neurosurg Psychiatry2020年11月5日オンライン版)に発表。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)陽性の虚血性脳卒中はより重症で予後不良であることも示唆された。(関連記事「感染症対策は脳卒中予防に有効か」「COVID-19の脳梗塞発症リスクはインフルの7.6倍」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  COVID-19関連脳卒中はアジア人が高率

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで