メニューを開く 検索 ログイン

ロモソズマブ先行投与で骨密度が大幅上昇

骨粗鬆症の治療シークエンス

2020年11月16日 18:05

26名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 米国リウマチ学会(ACR 2020、11月5~9日、ウェブ開催)において、米・Columbia UniversityのFelicia Cosman氏らは、4件の大規模試験をレビューした結果を発表。骨粗鬆症の治療において骨形成促進薬のロモソズマブ(商品名イベニティ)の先行投与により、骨吸収抑制薬に続けて投与した場合と比べて、大腿骨近位部と腰椎の骨密度が大幅に上昇していたことを明らかにした。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  ロモソズマブ先行投与で骨密度が大幅上昇

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD533538 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外