メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  オラパリブ、BRCA1/2陽性mCRPCと進行卵巣がん維持療法で欧米で承認

Oncology Tribune

オラパリブ、BRCA1/2陽性mCRPCと進行卵巣がん維持療法で欧米で承認

2020年11月16日 16:30

7名の医師が参考になったと回答 

 英・アストラゼネカは11月5日、BRCA1/2変異陽性転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)に対するPARP阻害薬オラパリブの単独投与、および相同組換え修復機能不全(HRD)陽性進行卵巣がんの初回治療後の維持療法におけるオラパリブと血管新生阻害薬ベバシズマブの併用投与が欧米で承認されたと発表した。

 今回の承認は第Ⅲ相試験PROfoundのサブグループ解析および第Ⅲ相試験PAOLA-1のサブグループ解析に基づく。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  オラパリブ、BRCA1/2陽性mCRPCと進行卵巣がん維持療法で欧米で承認