メニューを開く 検索を開く ログイン

前立腺肥大症のレーザー治療、性機能への影響は

 2020年11月17日 16:34
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 前立腺肥大症に対する治療法の1つに、ホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)がある。内視鏡を用いてレーザーで腺腫を照射する低侵襲性の治療法で、日本では2011年に保険適用となった。HoLEP施行後の性機能変化に関しては術前の状態を維持、または下部尿路障害(LUTS)の回復に伴い改善されるといわれる。浜松医科大学泌尿器科学講座の渡邉弘充氏は、同大学病院のHoLEP施行患者を対象に術後の性機能および健康関連QOLを検討し、第20回日本Men's Health医学会(10月9~10日、ウェブ開催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  腎・泌尿器 »  前立腺肥大症のレーザー治療、性機能への影響は