メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

タウの検出・評価が可能なPET薬剤開発

アルツハイマー病の早期診断・重症度評価に光明

 2020年11月18日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 アルツハイマー病ではタウやアミロイドβ(Aβ)などの蛋白質が異常に蓄積して、脳の萎縮が進むことが知られている。陽電子放射断層撮影(PET)装置で脳内のタウの蓄積を画像化する新たな薬剤を開発したと、放射線医学総合研究所脳機能イメージング研究部主幹研究員の高堂裕平氏らの研究グループが発表した。大脳の前頭葉や側頭葉が萎縮して発症する、前頭側頭葉変性症を含む多様な認知症を早期に検出・鑑別する世界で唯一のタウPET薬剤「18F-PM-PBB3」で、重症度の評価も可能になると期待されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  タウの検出・評価が可能なPET薬剤開発