メニューを開く 検索を開く ログイン

骨粗鬆症患者の2割が受診控え

 2020年11月18日 05:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 ※画像はイメージです

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、医療機関への受診をためらう人は少なくない。骨粗鬆症財団とバイオテクノロジー企業のアムジェンは、骨粗鬆症のリスクが高まる50歳代以上の男女を対象に、コロナ禍での骨粗鬆症に関する意識調査を実施。その結果、骨粗鬆症患者の約2割が通院を控えている実態が明らかになったと発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  高齢者 »  骨粗鬆症患者の2割が受診控え