メニューを開く 検索を開く ログイン

"疼痛からの回復"予測モデルを開発

入院・外来患者対象のクラスター分析および統計解析

 2020年11月19日 05:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 疼痛からの回復度合いには個人差があり、中には回復せずに悪化するケースもあるとされる。畿央大学大学院の重藤隼人氏らは、筋骨格系に疼痛を有する入院・外来患者を対象に"痛み回復予測モデル"を作成。中枢性感作症候群の改善度が疼痛に対するリハビリテーションの予後と関連することを明らかにした。研究の詳細はPain Res Manag2020年10月30日オンライン版)に掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  "疼痛からの回復"予測モデルを開発