メニューを開く 検索を開く ログイン

精子は互いに助け合い卵子を目指す

 2020年11月19日 05:00
プッシュ通知を受取る

46名の先生が役に立ったと考えています。

 不妊に悩むカップルの約半数は男性側に原因があり、近年男性不妊症の検査、治療の重要性が増してきている。東北大学大学院工学研究科生体流体力学分野教授の石川拓司氏らの研究グループは、複数の精子が集まって泳ぐことで遊泳速度・効率が高まる協調遊泳の効果を検討。精子同士が助け合って卵子を目指すことが分かったとPhysics of Fluids(2020; 32: 101901)に発表した。男性不妊に対する治療効果が期待できるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  腎・泌尿器 »  精子は互いに助け合い卵子を目指す